パドマサンバヴァの予言

2005年の10月に『虹色の空』のブログに書いた

「神秘の国、ブータンの伝説」と「パドマサンバヴァの予言」を

一つにまとめて「Essay」のコーナーにアップしました。

朝目覚めたときに、なぜか、この二つの記事が

意識に浮かび上がっていたというのが理由です。

 

こちらになります。

>>パドマサンバヴァの予言

 

不思議だったのは、この記事をここにアップしてから、

次の引っ越し先の箱根の家を見に行ってきたのですが、

その時、こちらは快晴だったのに、車で1時間ちょっと先の

箱根方面は、1メートル先も見えないくらいの

深い霧に包まれていました。

 

そして、その光景は、まるで、この記事の舞台となっている

ブータンを彷彿とするような景色だったのです。

 

これらのことに、どんな示唆が含まれているのか、

これから意識して感じてみたいと思います(^^)

 

0 コメント