オーラソーマの歴史

 

オーラソーマの誕生は、1983年にまでさかのぼります。

本当の自分に戻るお手伝いをするカラーシステムは、

ヴィッキー・ウォールという女性によってつくられました。

 

ヴィッキーは、幼い頃から不思議な力を発揮していました。

人のまわりの色(オーラ)を見ることができただけでなく、

ときには病気の人を癒したこともありました。

その神秘的な力は、カバラの伝統的なマスターであった

父親から譲り受けたものでした。

 

植物と自然の世界に導かれたヴィッキーの人生は、

波乱に富んだものでした。

16歳で家を出た後、植物の知識を生かして薬剤師になり、

キロポジスト(足の専門医)としても活躍しました。

しかし、やがて糖尿病によって視力を失うことになり、

一時は引退を余儀なくされました。

オーラソーマが誕生したのは、その苦難を超えて、

ヴィッキーがクリームとローションを再び作り始めたときです。

 

その頃、ヴィッキーは瞑想中に、

「我が子よ、水を分けなさい」という示唆を三日連続で受けました。

二層に分かれたボトルが偶然誕生したのは、

まさにこの示唆を受けた直後のことでした。

その後、ヴィッキーは、この美しいボトルがなぜ誕生し、

どのように使うべきかを理解しました。

そして、時期が来ると魂の求めに応じるように、

新しいボトルを次々と生み出してきました。

 

ヴィッキーは1991年に他界しました。

現在、この役割は彼女の魂の息子、マイク・ブースへと

受け継がれています。

 

 

<< オーラソーマとは ◇ コンサルテーション >>